ガレキに花を咲かせましょうプロジェクト
豊間セブンイレブン隣の空き地です。たぶん記憶では すし屋さんがあった
ような・・・・・
たくさんのボランティアの方がきてくれて一生懸命植えてくれました。
当社の給水タンク車も大活躍のはずが あいにくの雨模様
天が味方してくれて お花に万遍なく 潤いを与えてくれたと思いましょう
その後 薄磯での昼食 小雨の振る中 熱々のおいしいうどんの振る舞い
みなさんさむさも吹き飛んだことでしょう
また うれしかったことは 薄磯の志賀区長 豊間の鈴木区長からの
心からのありがとうの挨拶 これから みんな手を取り合って
がんばりましょう とのこと 
いち早い復興を 実現させましょう
後に見えるお寺は 薄磯 修徳院さん 津波にあっても 何とか
本堂は 大丈夫でした。 もちろん 津波にあったのですから
かなりの損傷はありました。それでも 週末や 月命日には
たくさんの方が お墓参りにおとずれます。
当社としても 自分たちにできることを 続けて生きたいと思います。
 

いわき市平 薄磯にある豊間小学校にお花を飾ってきました。
薄磯の山六観光さんのちかくで 何とか 津波によるおおきな
被害を免れた学校です。 その前の豊間中学校は ぼろぼろです。
美空ひばりさんで有名になった塩屋岬の塩屋崎灯台のちかくある学校です。



福島県いわき市豊間地区復興祈念祭

豊間小学校の 校庭前 ちょうどいいステージにはやがわり


こちらの花も飾らせていただきました。 
 
因幡晃さんのコンサート  素敵な歌声で 感動ものでした。



この薄磯にある豊間小学校の会場のお花 全部 当社で 贈らせていただきました。
実行委員会の方も びっくりしてました。なんせ 最初はステージ脇に
小さいお花一つ寄贈しましす。という話でしたから・・・

たくさんの人と たくさんの子供たちの 笑顔を 見ることができました。
 

以下 長文ですが 復興祈念祭の 紹介文です。
当時の様子を振り返ると 感情が抑えられなくなることが多々あります。


______________________________________________

未来の架け橋 豊間 薄磯 沼の内 
 平成23年3月11日、子どもたちは、下校後まもなく地震にあった。山が鳴り、
家の屋根から瓦が落ち、塀が崩れた。防災無線も壊れ、まさかあ

んなに大きな津波が来るとは思いもしなかった。大津波警報が出たと誰からとなく
教えられ、近くの高台にのぼった。最初の波は、たいしたこと

がなかった。しかし、次には真っ黒な海が、生き物のように防波堤から止まること
なくあふれてきた。まるで、おもちゃのように流されていく家々

や車、そして人。高いところにのぼり、難を逃れた人たち、津波に巻き込まれなが
らなんとか助かった人たち。ほかの地域に通じる唯一の道路

は寸断され、かろうじて津波をかぶらなかった小学校の校舎に、みんなで避難した。
暗くなっても次々とけが人が運ばれてきた。大人たちは、

目の前の状況に対応するので精一杯だった。そんな時でも、友達と一緒にいられることで、
いつもと変わらず騒いで叱られる子どもたちがい

た。翌日、家族と会えなかった子どもたちは、不平も言わず、先生と一緒に10kmに
近い道のりを歩いて、避難所に向かった。


 昨年度は、隣の学区の小学校に間借りしていた豊間小学校の子どもたちは、
平成24年4月、元の豊間小学校に戻ってきた。小学校より200

m海側にあって被災した豊間中学校も、一緒に小学校の校舎に入った。
 今、子どもたちは、がれきは片付けられたが、家は土台だけとなり、雑草が生い茂り、
焼け野原のようながらんとしたふるさとを眺めながら、ス

クールバスで通っている。防波堤の横には、校庭に山のようにがれきが積み上げられ、
廃墟のようになった中学校も見える。毎日、この景色を

眺めながら、何を思うのだろうか、子どもたちは。

 今はまだ、地域のこれからも、自分たちの住む家も、どうなるのか先が見えない。
それでも毎日の暮らしはある。やむを得ず他の地域に移っ

ていく人たちもいる。何も見えない中でも、子どもたちは、確実に一日一日成長していく。
 今、私たちに何ができるのか。前進を信じて、できることを少しでも重ねていく。
今まで当たり前に出来ていたことができない現実。新しいこ

と、経験のない方法にチャレンジする毎日。失敗することもあるかもしれない。でも、
みんなで力を合わせてやっていく。震災後、子どもたちから

力をもらった大人たちが、がんばるその姿を見せることで、子どもたちの心に火を灯したい。
子どもたちの力になれると信じたい。子どもたちが

将来、「ここが自分のふるさとだ」と誇れる地域を創造したい。未来ある子どもたちのため
に、未来ある地域を創造して行く。


 すべては、子どもたちのために。子どもたちの未来のために。
_______________________________________________
福島県いわき市豊間地区復興祈念祭より抜粋

また お花が必要になったなら 当社に ご相談ください。
有志より たくさんお花をあつめてきますから・・・・・・・

新しい薄磯のために いつも ありがとうございます。 薄磯の区長さん!
また お花を持っていきますからね。 みんなのためにがんばってください。
 

 

 


*******************************

当店は創業より50年 小名浜のお花の専門店です。 ご法要 ご葬儀の生花
ご葬儀の生花祭壇なら小名浜 花国にお任せください。
お花のコンテストで 数々の賞を受賞 素敵なお花をお作りしたします。

花国  ご葬儀の生花 こちらもご覧ください。


お問い合わせは 
 いわき市 小名浜 花国湘南台店 0246−73−0888まで
メール mail@8792.me お願いいたします。 
 8:30~18:30 火曜 定休日 予約は可能です。

たくさんのお花をご用意しておまちしております。
小名浜で 一番いい花屋をめざして スタッフ一同がんばってます。

お祝いのお花 お祝いの花束 アレンジメント 開店祝いのお花  新 築祝いのお花 
お見舞いのお花 ご法要 お供えのお花  ご葬儀のお花 ご葬儀ス タンド花 
フラワー祭壇 観葉植物 コチョウラン 何でもお任せください。

花国お 花の日記 こちらもごらんください。
 

 

 


福島県いわき市 ブログランキングへ


にほんブログ村 地



域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村

花国の現在のランキングは?

 



ただいま お電話 または 事前のご注文で 10パーセント ボリュームアップキャン ペーン 実施中!! 
ぜひ ご利用ください。!!

 

 


 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ランキング1位は? 優良店

花国 お店までの地図

いわき市 人気ブログランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM